家庭菜園を始めよう

>>>家庭菜園に関する情報が満載!

家庭菜園における雨除けの重要性について

家庭菜園は自分で好みの花や野菜を楽しむことが出来る趣味ですが、苗を健康的に育てるためには水やりのタイミングに気を配ることが重要になります。
水を適量だけ与えることが苗を大きく育てて綺麗な花や大きい実をつけるための条件ですが、露地栽培で家庭菜園を行う場合は雨除けの設備を整えることが大切です。
一般的な畑では雨は大量の水分を補給できる利点がありますが、家庭菜園では土壌の水はけの状態や苗の品種によっては却って成長を阻害してしまう要因になってしまうことがあります。
特に露地栽培では雑草の繁殖に繋がることから、予め防水シートなどで土壌を覆ったり、採光性を持つ屋根を取り付けるなどの工夫が必要になります。
特に土壌の状態によっては雨水が溜まって根腐れや病気などのトラブルに見舞われるケースもあるので注意します。
露地栽培では管理がし易いように似た特徴を持つ品種で統一して育てることが満足できる結果を生み出すための心得です。

雨が気になるなら天候に左右されない家庭菜園

家庭菜園が田畑を持っていなければできないと思われていたのも束の間であり、もっと小規模にプランターなどを使って野菜を育てるということが広まってきました。
庭のないマンション住まいであってもベランダを利用して育てることが可能であり、比較的育てやすいトマトやゴーヤ、なす等が広く育てられるようになってきています。
初心者のうちにとても気にかけることが多いのが雨の影響です。
自然に育っている野菜は雨に打たれているのは事実ですが、プランターで育てるという場合にもそれで大丈夫なのかということが気にかかる人が多いのです。
家庭菜園でそれを気にかける必要があるかどうかは野菜の種類によります。
しかし、一つの考え方として、そもそも雨に当てないというのは安全な育て方です。
水の量は自分であげてコントロールして、ベランダでは日差しだけ当てるようにすることでも野菜はきちんと育ちます。
そうすることで天候に左右されずに家庭菜園を行っていくことができます。

Favorite

おすすめ無料モニターサイト
https://www.gettys.jp/

最終更新日:2016/12/2

『家庭菜園 雨』 最新ツイート

@7L3KPX

@i_ten 長ネギは全滅しました プチトマトは、この後の日照次第で復活 胡瓜とゴウヤは、取れすぎ 他は茗荷ですね 毎年同じ場所から生える、植えた記憶も無い これが効能かぁ~ 雨続きでしたので、家庭菜園は ある程度諦めています 次は秋ジャガイモ植えようと

21分前 - 2020年08月03日


@rin_28a

@noukiguoh 雨が続き、今年は家庭菜園のとうもろこしは全滅😭 娘が楽しみにしていたとうもろこし🌽 応募しました!よろしくお願いします🥺

34分前 - 2020年08月03日


@rip_itaiwa_

家庭菜園で育てていたきゅうりは連日の雨で根腐れして終わりました

2時間前 - 2020年08月03日


Copyright(C) 2015 家庭菜園を始めよう All rights reserved.